インプラント ホーム診療案内 < インプラント
診療メニュー
ホワイトニング
インプラン??
予防歯科??定期検診・唾液検診
小??歯??
審美歯??
入れ歯
食育指導
医療コーチング
矯正
歯周??
マウスガー??
口臭・ドライマウス・リラ????ス
??し歯
知覚過??
歯科人間ドック
再生療法
各種ボタンをクリックしてください
インプラント治療とは?
歯が失われた場所に歯の根に代わるもの(人工歯根)を埋めておき、それが骨としっかり付いた段階で人工の歯をかぶせ、天然の歯が生えていた頃と同様の機能性と美しさを回復させる治療法です。素材はチタンで、金属アレルギーの心配がほとんどなく、骨と一体化する性質があります。部分的に抜けている方も、全ての歯が抜けてしまっている方にも最適な治療法です。 インプラントは、歯を失った人の悩みを解消する第2の永久歯であると言えます。
インプラント埋入から完成までのタイムテーブル
こんな方におすすめします
・一番奥の歯が抜けていて、ブリッジができない。
・抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない
・ブリッジをするために健康な歯を削りたくない。
・審美的に入れ歯を使うのに抵抗がある。
・入れ歯の着脱がわずらわしい。
・入れ歯が気持ち悪くて装着できない。
・入れ歯が合わなくなった。
・交通事故の外傷などで歯を失ってしまった。

※ インプラント治療が適さない場合もあります。
  インプラント治療をご希望される方は、まず一度ご相談ください。
インプラント治療Q&A
インプラントは何歳までできる?
骨の状態がよければ80歳を超える人でも治療可能です。
入院の必要はありますか?
通常、健康な方の場合はありません。
天然の歯とインプラントの違いは?
A:天然の歯には歯根膜という膜が、歯と根っこの間の部分にあり、これは噛んだ時の力などをコントロールしてくれるクッションのような役割を持っています。
インプラントは骨の中にチタン製の金属を埋め込む方法で、歯根膜はありません。
そのため噛む力の強い方は、夜寝ているときに歯軋りなどがあれば、ナイトガードと呼ばれる歯を守るマウスピースなどをしていただきます。
一生持ちますか?どれくらい長持ちしますか?
インプラントは海外で約40年、日本では約20年の歴史があります。
金属を骨に埋めて、アレルギーなどは大丈夫ですか?
インプラント体にはチタンという材料を使用しており、アレルギー性はほぼ安全といわれている材料です。
失敗する原因は何?
1:術中・術後の感染(プラークコントロール不良も含む)
2:埋入するときの力の調節・給水不足などによるオーバーヒート(やけど)
3:力学的要因(異常習癖・咬合力・骨質)
インプラント治療の成功率は?
上の歯…90% 下の歯…95%
下の顎の方が骨に厚みがあるため、成功率が高い。
また、うまく骨とインプラント体が結合しないときも、原因を解明し、インプラントを一旦除去し、治療後に再埋入することができるので、残りの5〜10%のうち更に成功率が90〜95%ということになります。
痛みはありますか?
疼痛は一般的に鎮痛剤の服用で問題ない程度です。
腫脹は、個人差があります。通常2〜3日目がピークです。
女性の方の場合、皮下出血(血腫)を認める場合があります。
インプラントを使用した症例
歯を1本失った場合
前歯を失った場合
隣の天然歯を削ることなく、インプラントで自分の歯と同じような人工歯が回復できます。
奥歯を失った場合
ブリッジにすると、健康な天然歯を削らなくてはなりませんし、支える天然歯に負担がかかります。
インプラントを使用することにより、歯を削らなくてもよく、負担をさけることができます。
歯を数本失った場合
上の奥歯を失った場合
上の奥歯の位置には骨が十分にないことがありますが、骨があり、インプラントが利用できると、自分の歯と同じような人工の歯ができます。
インプラントの寿命
インプラントは、歯ぐきとなじみがよく、腐食しにくい丈夫なチタンを使用していますが、インプラント治療後のメインテナンスを怠ると天然の歯と同様、歯槽膿漏の状態になり、インプラントが抜け落ちることがあります。
インプラントをする人は、特に口の中の衛生状態に気をつけ、きちんと定期検診を受けることが、長持ちさせる秘訣です。
サイトマップ