小児歯科 ホーム診療案内 < 小児歯科
診療メニュー
ホワイトニング
インプラン??
予防歯科??定期検診・唾液検診
小??歯??
審美歯??
入れ歯
食育指導
医療コーチング
矯正
歯周??
マウスガー??
口臭・ドライマウス・リラ????ス
??し歯
知覚過??
歯科人間ドック
再生療法
各種ボタンをクリックしてください
小児歯科とは
小児歯科では、お子様の健康を守るため、口の中の色々な病気、外傷、歯並び、虫歯などの治療を行い、歯が生え始めてから、大人の歯にはえかわるまでの口の中の健康管理をしていきます。
特に子供の間は、虫歯ができやすく、14、5歳までは油断ができません。一度、大人の歯を虫歯にすると人工的な歯にするしかなく、一生苦労します。
したがって虫歯のないお子様を育てていくことが第一の目標になります。

当院では、お子様が楽に、安心して治療を受けられる色々な工夫をしています。
どうぞリラックスして来院ください。
なんといっても、お子様の口の中の健康管理や楽な治療は、お母様方の知恵と愛情、歯科医院に対する協力があってこそはじめて出来るのです。
周囲の方の協力もお願いいたします。
矢野歯科医院からのお願い
小さなお口の中で治療するにはお子さんの協力が必要です。
そのためにはお子さんと私たち歯科医院側が信頼関係をもたねばなりません。
私たちがお子さんと仲良しになり信頼関係を結ぶのをお母さん方は助けてください。
そのためのお約束事です。
  1. 治療が自分のために必要なことをお子さんに分かりやすく説明してあげてください。
    そして歯をキレイにして助けてくれるのが歯医者さんだということも教えてあげてください。
  2. 決してだまして連れてこないでください。
  3. 歯医者や注射を日常生活の中でおどしの材料に使わないでください。
  4. 治療内容についてあいまいな説明をしてお子さんに不要な恐怖心をうえつけないでください。
    詳しい説明はお任せください。
  5. 両親や、周りの人の歯科医院に対する気持ちがお子さんに敏感に反映します。
    まず自分の気持ちから不安、恐怖心を取り除いてください。
来院時の注意
  1. 7歳以下のお子様は必ず保護者の方と一緒に御来院ください。
  2. 保護者の方は初診時や、指導時には診療室に入室ください。(その他必要なときはお呼びします)
  3. お子様は静かに待合室で待つようにご指導ください。
  4. 人にうつる病気(はしか、水ぼうそう、おたふくかぜ)にかかったときはご連絡いただき予約の変更をお願いします。
  5. 就学前のお子様は午前中の治療が本人にとって楽です。
  6. お気づきの点は遠慮なくお申し出ください。
歯みんぐクラブ *入会(入会金300円ー但しノート代)
* 歯みんぐくらぶとは:0歳〜15歳までのお子様に入会していただき、虫歯を阻止していく患者さんの会です。
楽しいイベントや新聞も発行していきます。
初診
今日、歯を削ることはしません。まず、お子様の歯の悩みや心配な点をお聞かせ下さい。
その上で、状況の説明や治療の流れをご相談させて頂きます。
必要に応じ、仮の詰め物や痛み止めのお薬をお渡しします。
虫歯があるお子様は…
当院では、抑制治療(押さえつけての治療)は行いません。
幼い頃に体験した恐い経験は、その後も一生記憶に残り、歯医者さん嫌いになってしまうからです。
それを防ぐ為に「練習する時間」を作っています。
「この器具は、こうやって使うんだよ」とお話ししながら練習することで、恐怖心は必ず取り除かれます。
歯医者さんへの信頼感ができ、上手にお口が開けられるまで治療はしません。
また、それと同時に「虫歯を新しく作らないようにする」ことも大切です。
お家での歯磨きの仕方の練習・生活・食生活指導・フッ素を塗るなど「虫歯を予防する」処置が必要です。
なぜ虫歯になってしまったのか・・・これを機会に一緒に考えてみませんか?
虫歯がないお子様は…
「新しく虫歯を作らないようにする」「虫歯を予防する」ために、歯医者さんを利用して下さい。
バイ菌の少ない良いお口の環境作りには、ご家庭でのご協力と歯医者さんのケア、両方が必要です。
予防処置としては、
  1. 個人に合った歯磨きの練習
  2. 生活面・食生活面でのアドバイス
  3. 唾液検査(1回 3,150円 唾液の質を調べることで、目に見えない虫歯リスクがわかります)
  4. フッ素塗布(歯を強くし、虫歯菌から歯を守ります)
など、歯科衛生士が中心にサポートします。
フッ素塗布の手順
まず、柔らかいゴムで歯の表面を磨き、目には見えないバイ菌の膜・バイオフィルムを取り除きます。
これは、歯ブラシでは取れない汚れです。
その上で、フッ素を塗っていきます。
1回につき30〜40分、虫歯のリスクに応じ1〜6ヶ月に1回塗布します。
痛みはもちろんありません。
サイトマップ