知覚過敏症 ホーム診療案内 < 知覚過敏
診療メニュー
ホワイトニング
インプラン??
予防歯科??定期検診・唾液検診
小??歯??
審美歯??
入れ歯
食育指導
医療コーチング
矯正
歯周??
マウスガー??
口臭・ドライマウス・リラ????ス
??し歯
知覚過??
歯科人間ドック
再生療法
各種ボタンをクリックしてください
知覚過敏症
寒い日に、風が当たると歯が“スーッ”とする。甘いもの、酸っぱいもの、冷たいものを食べた時に、歯が“ツーン”とする。
歯ブラシの毛先が、歯の表面に当たった時に“ピリッ”とする。こんな時はきっと、「痛い=むし歯かなぁ!?」とお考えになるでしょう。
しかし、痛いからといって、すべてがむし歯ではないのです。
それが“知覚過敏症”です。
知覚過敏の原因

  • 歯を磨く時に力強く磨く。
  • かたい歯ブラシを使ったり、研磨剤の多く含まれた歯磨き粉を使っている。
  • 歯周病で歯ぐきが下がり、根っこが露出している。
  • 咬み合わせが強く当たっている。

    …などこのような事が長く続くと、図のようなメカニズムで、今まで何ともなかった歯に急に“しみる”“痛い”といった事が起こってくるのです。
知覚過敏になってしまったら…?
  1. 生活習慣の改善
    • 優しく歯ブラシをする。
    • 柔らかい歯ブラシに変える。
    • 研磨剤の少ない歯磨き粉に変える。
    • フッ素や知覚過敏を抑える薬を塗布する。(痛みがやわらぐまで、何度か塗布します)
    • pHの低い食品の摂取を控える。
      (ワイン・コーラ・オレンジジュース・ヨーグルト・グレープフルーツジュース・アップルジュース・紅茶・コーヒーなど)
  1. 失ったエナメル質の代わりにセメントを詰める。
  1. 外科処置で歯肉を移植する。
  1. 最終手段として歯の神経を取る。
サイトマップ