予防歯科・定期検診・唾液検査 ホーム診療案内 < 予防歯科・定期検診
診療メニュー
ホワイトニング
インプラン??
予防歯科??定期検診・唾液検診
小??歯??
審美歯??
入れ歯
食育指導
医療コーチング
矯正
歯周??
マウスガー??
口臭・ドライマウス・リラ????ス
??し歯
知覚過??
歯科人間ドック
再生療法
各種ボタンをクリックしてください
PMTCの効果とその方法
歯ブラシでは除去する事のできない歯の表面の細菌が付着する膜をプロの手により器械的に取りさっていくのです。
そうする事によってむし歯菌、歯周病菌を寄せ付けないのです。
歯の表面の膜を取りさった後でのお口の中の爽快感を味わってみて下さい。
柔らかなゴム質のカップ状ブラシなどで、回転させながら、自分では磨く事のできない歯と歯の間の汚れ、歯と歯茎の境目の歯周ポケットに隠れている汚れを1本1本プロの手で丁寧に取りさっていきます。
そして歯を強くしてくれるフッ素をコーティングしていくのです。
例えていうなら、洗車と同じです。きれいに洗い終わってワックスを塗りますよね。
そうする事によって車は汚れ・キズから守られ、強くなります。
それと一緒です。
歯もP.M.T.Cのクリーニングをする事によって歯周病菌やむし歯菌から守る事ができるのです。
治療が終わったら、歯医者さんはもう歯を治しに行くところではありません。
きれいになって気持ちいいメンテナンスをしに行くところです。
Point 1:治療だけでは歯が残らない…
若いうちから定期検診を受けていると、将来自分の歯を多く残せることが統計的にも明らかになっています。
Point 2:歯を抜く主な原因は虫歯ではない
40歳以上の方で歯を抜かなければいけない主な原因は虫歯ではありません。歯周病が主な原因なのです。
また、歯周病は痛みが無く進行しますので、虫歯だけでなく歯周病予防のためにも定期検診を早くから受診されることをオススメします。
定期検診(メンテナンス)Q&A
メインテナンスとは?
治療してキレイになったお口の中を長期間維持するには、治療後のメインテナンスが必須です。
患者様ご自身が行うお家でのホームケアと
歯科医院で行うプロフェッショナルケア
||
メインテナンス
歯周病に対するメインテナンスのない場合、約5年で2本の歯が喪失します。
メインテナンスの目的は?
治療効果の維持 病気の再発防止
病気の道行停止 病気の進行遅延
メインテナンス(プロフェッショナルケア)では何をするの?
  1. 体調・生活習慣の変化を問診
  2. お口の中の検査
  3. 歯周ポケット検査
    口腔内写真撮影(1年に一度を目安に必要な時)
    レントゲン撮影(2年に一度を目安に必要な時)
  4. ホームケアにおけるプラークコントロールのチェック
  5. お家で歯みがきポイントを再度確認・指導します。
  6. 虫歯のチェック
  7. 虫歯予防のために、食生活・フッ素使用・その他のホームケアについてのお話と確認。
    新しい虫歯ができていないかチェックします。
  8. 歯石除去
  9. 歯石がついている場合は歯石除去をします。
    また、歯周ポケット内の清掃をします。
  10. PMTC
  11. プラークを除去し、細菌層をなくす。
    機械を使って歯のクリーニングをします。
  12. 虫歯のリスクを高い所へのフッ素塗布
  13. 知覚過敏・義歯・インプラント周囲の処置(必須時)
メインテナンスの間隔は?
プラーク中の細菌は約4ヶ月で病原性が増加するという報告があります。
患者様ひとりひとりのリスクに合わせて期間を決めます。
一般的には3〜4ヶ月毎。リスクにより、1〜6ヶ月毎にメインテナンス。
※ 唾液検査をすることによってご自身のリスクを知ることができます。
メインテナンス1回にかかる時間は?
基本的に45分です。歯科衛生士が担当します。最後に院長のチェックがあります。
歯石を取るだけでも来ていいの?
「歯医者さんは虫歯も無いのに行ってはいけない」と思っている方が多いようです。
歯石は歯みがきでは取れません。
歯石は歯周病の主な原因です。
歯石を取るのは我々プロにお任せください!
サイトマップ