むし歯 ホーム診療案内 < むし歯
診療メニュー
ホワイトニング
インプラン??
予防歯科??定期検診・唾液検診
小??歯??
審美歯??
入れ歯
食育指導
医療コーチング
矯正
歯周??
マウスガー??
口臭・ドライマウス・リラ????ス
??し歯
知覚過??
歯科人間ドック
再生療法
各種ボタンをクリックしてください
むし歯発症のプロセス
う触原性菌の感触
歯面への定着
う触原性菌によって産生
された酸による脱灰
う窩の形成
今まではこのプロセスの結果できてしまったう窩(むし歯)の修復に重点を置く診療が主流でした。
しかし、これからはう窩のプロセスを停止させることで、健康な歯を守る診療こそ求められています。
「実践カリオロジー」より引用
むし歯の進行状況
むし歯の進行状況
むし歯の進行状況
むし歯のかかりやすさが唾液で簡単に検査できるんです
どうしてむし歯になるのでしょうか?

むし歯の原因菌は、糖質を食べて酸を排泄します。
特に砂糖は細菌の大好物です。

ミュータンス菌
歯に付着しやすく、糖を摂取して酸をだすので初期のむし歯に大きく関わっています。

ラクトバチラス菌
むし歯の進行に重要な役割を果たすと言われています。
口の中の清掃状態が悪いと増殖します。
歯の強さ
歯の質にもそれぞれ個人差があります。
その他の条件を満たしている人は特に歯を強くする対策が必要です。

唾液の抵抗力
唾液には、細菌を洗い流す効果、抗菌効果、溶けかけた歯を修復する効果、そして酸性になった環境を中和する効果があり、大きな抵抗力となります。

食習慣
糖質の多い食事やおやつ、炭酸飲料などのとりすぎや時間を決めずにひんぱんに食べるなどすることで、口の中が酸にさらされる時間や機会が増え、むし歯のリスクは高くなります。
唾液検査で何がわかるの?
唾液の抵抗力の検査 お口の中の細菌の検査
・唾液の量と質
・唾液の酸を中性にする力
・ミュータンス菌の量
・ラクトバチラス菌の量
■ 検査は唾液を取るだけの簡単な方法です。
  検査で分かったリスクに対し、対応方法などをお話し、予防プログラムを立てます。
 
サイトマップ